読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

admiralnote’s blog

栃木県出身の大学生です。主に早見沙織さんのイベントに参加させていただいてます。趣味はポケモン。特技は水泳。このブログでは、自分が参加したイベントの感想やレポートを書かせていただきます。暇つぶし程度の感覚で読んでいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

【S2使用構築】 TOKIMEKIミラーコート

 

 

 

こんにちは、アドミラルです。

 

今回は声優イベントの話ではなく、

ポケモンサンムーンのレーティングバトルで使用した構築の記事となります。

 

 

f:id:admiralnote:20170321111644j:plain

(担当アイドルをトレーナーカードに貼るのが流行っていると聞いたので僕もやってみました。)

 

 

 

 

  • 型紹介

 

メガカメックス

f:id:admiralnote:20170321112114g:plain

 

性格:控えめ

特性:激流→メガランチャー

持ち物:メガ石

実数値(努力値):186(252)-111(4)-140-205(252)-135-98

技構成:水の波動 冷凍ビーム ミラーコート アクアジェット

 

過去にメガ枠でガルーラやマンダを使っても上手く使いこなせなかったので、多少雑に()使っても強そうなメガカメックスを今期の主人公に。

このポケモンは耐久力に優れ、タイプ一致効果抜群でも耐えることがあるが、そのような相手に対して返しの1発では倒せないことがある。最初は対鋼タイプやムラッ気オニゴーリ対策に波動弾を入れて潜っていたが、初手にカプ・テテフやカプ・コケコやリザードンYなどと対面してしまった時にSが遅いカメックスは不利である。また、カプ系が自然の怒りを持っていると後ろのナットでは受けられなくなってしまう場面が多かった。

ミラーコートを採用してからは、自慢の耐久力を生かして相手のポケモンを吹き飛ばすことが出来た。エレキフィールド下でもボルチェンぐらいなら耐えるので、交代先のポケモンにも負担をかけられるようになった。自然の怒りも特殊扱いなので、タイプ的に不利なレヒレにも強くなった。

しかし、リザードンはXの数も多いのでミラコが失敗すると起点にされてしまうので注意。

シーズン終盤は草Zのゲッコウガやバシャが増え、カメが簡単に吹き飛ばされてしまうことが多かった(最終日に3試合連続で草Zバシャに吹き飛ばされ、さすがに心が折れた)。

 

Z技の登場により受けポケが受けとして成立しなくなっている環境なのでいろいろ勉強になったシーズンでした。

 

 

 

 

ウルガモス

f:id:admiralnote:20170321120926j:plain

 

性格:控えめ

特性:炎の体

持ち物:飛行Z

実数値(努力値):161-x-85-205(252)-125-152(252)

技構成:大文字 暴風 ギガドレイン 蝶の舞

 

とある実況者さんの動画を観て強そうだったので採用。

こいつがいるおかげで初手でステロを撒くポケモンが来やすかった。それらのポケモンにはカメが強いので良い選出誘導が出来たかなと思う。

炎の体は発動する機会が無かった。残念。

 

 

 

霊獣ランドロス

f:id:admiralnote:20170321122435g:plain

 

性格:意地っ張り

特性:威嚇

持ち物:突撃チョッキ

実数値(努力値):191(212)-187(36)-111(4)-x-124(188)-120(68)

技構成:地震 岩石封じ 叩き落とす 蜻蛉返り

 

orasで使っていた個体をそのまま使用しました。

Sを下げてもう少し耐久に割いても良いかなと思ってます。

威嚇が強く、物理ポケモンに対し雑に投げてもちゃんと仕事をしてくれた。

 

 

 

 

カプ・コケコ

f:id:admiralnote:20170321133933j:plain

 

性格:控えめ

特性:エレキメイカー

持ち物:拘りスカーフ

実数値(努力値):145-x-106(4)-161(252)-95-182(252)

技構成:10万ボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ 蜻蛉返り

 

中盤で変更があった枠。

パルが多かったので、ランド蜻蛉で襷潰し→ボルチェンで処理出来るようにスカーフ。拘りがバレないように立ち回りには気を使った。

 

 

使い方が難しく、終盤は格闘Z霊獣ボルトロスに変更しました。

最終日の1週間前に中古のASを買って半日でクリアして1時間で厳選した。

1体でブルルドランヤドランを潰せるのは強かった。。。

 

今期最高レートの時はコケコだったのでこちらを掲載しました。

 

 

 

ゲッコウガ

f:id:admiralnote:20170321140032g:plain

 

性格:意地っ張り

特性:変幻自在

持ち物:気合の襷→拘りスカーフ

実数値(努力値):147-161(252)-87-111(4)-91-174(252)

技構成:冷凍ビーム ダストシュート 影うち→蜻蛉返り 岩石封じ

 

技範囲をかなり広げた物理型。

終盤はZゲッコウガに強く出るためスカーフで使用(変幻自在抜群蜻蛉返りで高乱数1発)。

ダストシュートは必中だった。

見せ合いで威圧し、出せば活躍するお気に入り。

 

7世代になってS調整が難しくなったのでまだまだ悩める枠だった。

 

 

 

ナットレイ

f:id:admiralnote:20170321142526j:plain

 

性格:呑気

特性:鉄の棘

持ち物:ゴツゴツメット

実数値(努力値):181(252)-120(44)-195(212)-x-136-22

技構成:種マシンガン ステルスロック ジャイロボール 宿り木の種

 

ランドと組み合わせて物理に投げる枠。

ポリゴン2やクレセリアなど耐久ポケモンに出して無理やり突破させたりした。ガルーラやマンダにもそこそこ役割があるが、炎技でゴリ押されることがあるので後出しには気を付けた。

また、よくリザードンウルガモスの餌にされかけた()。

 

 

 

  • 選出

基本的にカメランドナット。

バナがいるとガモス選出。

カバ無しテテフにはゲッコウガ選出。

 

受けルは精神的にキツい。

 

 

  • 総括

今期は自身の最高レートを更新し、2000までもう少しのところまで伸ばすことが出来ました。春休みを利用して朝から晩まで潜り、合計で900戦ぐらいやりました。半分寝ながら潜ってたこともあったので、持ち物の見落としや自分から負け筋を作ってしまうこともしばしば。700戦を超えてからは1800~1700をうろうろしてました。

また、出されたら絶対勝てないようなポケモンもいたので環境を早く把握するのが大切だなと思いました。

 

上最高レート 下最終レート

f:id:admiralnote:20170321151139j:plain

 

f:id:admiralnote:20170321155204j:plain

 

来シーズンは大学も忙しくなりそうなので多くは潜れないと思いますが、2000に乗せることが夢なので多分やると思います()。

 

 

 

また、シーズン中に某アグノムの人と対戦し動画で採用されました。リンクを貼っておきますので良かったら観てください。

t.co

(ご本人様から許可を頂いてます。)

 

 

 

 

 

 

質問等があれば@admiral80505まで

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりだよ〜(o・∇・o)